なかなかなかね野鳥と自然の写真館

疾風怒涛の時代が過ぎ去っていきます。私たちがその中で、ふと佇む時、一時の静寂と映像が欲しくなります。微妙な四季の移ろいが、春や秋の渡りの鳥たちや、路傍の名もない草花にも感じられます。このブログは、野鳥や蝶、花や野草、四季の風景などの写真を掲載しています。

枯田のツグミ

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 1月17日手賀沼付近の枯れ田にツグミが採食していました。 暗い夕方の田圃でしたが、何かしらほんのりと穏やかな気持ちになりました。 繁殖…

きれいになったハシビロガモ♂

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 1月13日、坂田が池で泳いでいたハシビロガモです。 昨年末よりずっと綺麗になっていました。 繁殖期になってとても素敵になりました。

シジュウカラの水浴び

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 1月13日、房総の村の水場にいたシジュウカラです。 シジュウカラは、ひっそりと静かに水浴びしていました。 喫茶去 レイポヴィッツ指揮のベ…

ダイナミックに水浴びするカワウ

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 1月13日、坂田が池で水浴びするカワウです。 かなり派手に水しぶきを上げていました。 喫茶去 ケルテスのシューベルト交響曲全集の中の4番…

ひだまりに美しく輝くコガモ♂

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 1月13日、坂田が池の木の間がくれの陽だまりにオスのコガモがのんびりと泳いでいました。 辺りが厳しい冬の中、そこはまるで別世界のような…

このまがくれのミコアイサ♂

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 1月13日、千葉県成田市の坂田が池の周りを歩いていると、このまがくれにミコアイサのオスが、泳いでいるのが見えました。 でも、かなりのス…

飛翔する頭の白いカワウ

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 カワウ婚姻色の特徴は、頭部や腿部に白い繁殖羽が生じ、目の下の露出部がオレンジ色になり、下嘴の付け根の黄色の裸出部は黒っぽく見えるよ…

手賀沼遊歩道のアオジ

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました 手賀沼遊歩道を歩いていると、小鳥が飛んで来て目の前の枝に止まりました。 アオジが、こちらを見ています。 私事ですが、アオジには、特別な…

手賀川の枯れ草にとまるモズ

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました 1月11日、手賀川の土手を歩いているとチッという鳴き声を残して小鳥が枯れ草に止まりました。カワセミかと思ってファインダーを覗くとモズ…

カワウの漁場に侵入して魚を採るユリカモメ

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 1月10日、手賀沼でユリカモメがカワウの漁場に侵入して魚を捕らえて飛び去る現場に遭遇しました。 カワウたちは、唖然として見送ってい…

和田公園のビンズイ

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 1月5日、和田公園の広場をビンズイの小さな群れが採食していました。 ビンズイはセキレイ科で,スズメを少し大きくしたぐらいの大きさの鳥…

葉陰から顔を出すメジロ

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 1月5日、和田公園の緑の葉が、蠢いています。メジロの群れのようです。 和田公園は、霞ヶ浦を眺望できる浮島和田岬に位置する公園で春には…

赤い実を咥えて白い羽を広げて飛ぶツグミ

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 1月5日、稲敷市甘田の水路で黒っぽい鳥が飛んでいました。 何かを採って羽を広げています。 咄嗟にシャッターを押したら、赤い実を咥えたツ…

冠羽が素敵な田園の貴婦人タゲリ

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 1月5日稲敷市本新の農耕地にいたタゲリです。冬の日差しを浴びて、玉虫色の羽がきれいに輝き、頭の冠羽もピンと上に張り出し田園の貴婦…

稲波干拓地江戸崎付近のオオヒシクイ

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 1月5日、稲波干拓地江戸崎付近の水田にいたオオヒシクイの群れの写真です。 現地報告では、 現在の越冬数 (2020.1.1 オオヒシクイ188羽…

初春に羽ばたくゴイサギの群れ

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 1月4日、手賀沼曙橋付近の上空をゴイサギの群れが飛んでいました。 ゴイサギは、夜行性の鳥として知られていますが、昼間でも時々みかけま…

手賀沼周辺のコミミズクと夕焼けの初富士

1月3日、手賀沼周辺の枯れ田をコミミズクが飛んでいました。8年ぶりに観る手賀沼周辺のコミミズクです。(このコミミズクは、昨年の12月から飛来してようですが)コミミズクの写真が本年の初撮りの写真となりました。近くに飛んで来ないのが残念でしたが、車で…

朝日に輝くサザンカ

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 一瞬の 豪華山茶花 花 吹雪 山口青邨 12月31日、神之池のほとりに咲いていたサザンカです。 朝日に輝きとても素敵でした。 ふと、子供の頃…

朝日に輝くヨシガモのオス

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 編集ヨシガモは、全長約48 cm、翼を広げた大きさ75〜88 cm。中型のカモ類で、雄の後頭の羽毛は伸びて冠羽になり、ナポレオンの帽子のよう…

初詣を迎える息栖神社と初夢の鷹たちの写真

明けましておめでとうございます。本年もこのブログをよろしくお願いいたします。息栖(いきす)神社は、鹿島神宮(鹿嶋市)、香取神宮(千葉県香取市)とともに東国三社(とうごくさんじゃ)と呼ばれ、古くから信仰を集めてきました。関東以北の人は伊勢に…

手賀川を飛ぶ純白のコサギ

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 今年も今日で「大つごもり」を迎えました。拙いブログを観ていただき感謝に耐えません。 ありがとうございました。最後にあたり、綺麗な白…

手賀川のマガモの群れ

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 我孫子野鳥を守る会の資料によれば、手賀沼のマガモの数の推移は、最初少なかったのに急に増え、増えたり減ったりしながら 2000 年を過ぎ…

梢に止まるカワラヒワ

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 12月26日、朝、手賀川の岸の梢にカワラヒワが、止まっていました。 我孫子で見られるカワラヒワには2種類いて、一年中いるのと、冬になる…

鷹らしく勇壮に飛び去るトビ

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 手賀沼付近の電柱に、鷹が、止まっています。 急いて、近づいてみるとトビでした。トビも鷹なのですが・・・ 人に慣れているのか、近づい…

手賀川上空を獲物を狙って飛ぶ鷹チュウヒ

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 手賀川は手賀沼と下流の利根川を結ぶ河川で手賀沼の手賀曙橋から流れ出て、下流に向かって水道橋、浅間橋、発作橋へと続いていきます。 周…

手賀沼で食餌するコガモのオス

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 コガモのオスが、手賀沼で採食していました。 「日あたりの 入江にたまる 小鴨哉」 (正岡子規)

手賀川で食餌するハジロカイツブリ

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 12月24日、寒風の吹き抜ける手賀川に目の赤いハジロカイツブリが浮かんでいました。さすが師走、とても寒い日になりました。 ハジロカイツ…

日当たりの良い手賀沼で夢見るコブハクチョウ

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 今日は、12月24日クリスマス・イブです。 夢見る手賀沼のコブハクチョウの写真をお届けします。 午後の日当たりの良い手賀沼の浅瀬でコブ…

手賀沼で逆さになって食餌するオナガガモ

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 オナガガモの餌は主に水草や植物の種子などですが、動物性の貝類や水棲昆虫なども採るようです。 採餌の様子は、身体を完全に潜餌に向かっ…

手賀沼の綺麗なコガモのオス

上の写真はキヤノンの一眼レフEOS7DmarkⅡにCANON EF100-400mgm F4.5-5.6L IS II USMを装着して手持ち撮影しました。 12月19日手賀沼の午後、綺麗な鴨が西陽を浴びて手賀沼を泳いでいました。 その鴨は、警戒心の強いコガモのオスだったので、みるみるう…