なかなかなかね野鳥と自然の写真館

疾風怒涛の時代が過ぎ去っていきます。私たちがその中で、ふと佇む時、一時の静寂と映像が欲しくなります。微妙な四季の移ろいが、春や秋の渡りの鳥たちや、路傍の名もない草花にも感じられます。このブログは、野鳥や蝶、花や野草、四季の風景などの写真を掲載しています。

蘆原で狩りをする白い鷹ハイイロチュウヒ♂

f:id:digibirds:20171224141139j:plain

f:id:digibirds:20171224141153j:plain

f:id:digibirds:20171224141205j:plain

f:id:digibirds:20171224141216j:plain

f:id:digibirds:20171224141229j:plain

上の写真は、キヤノンEOS7DマークⅡにCANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMに1.4倍のテレコンを装着し640mm側で手持ち撮影しました。

 

12月24日曇り。稲敷市の蘆原は朝から陽ざしのない時雨空。

 葦すれすれに白い鷹ハイイロチュウヒのオスが飛んできました。

 葦の上から獲物を狙って旋回しています。

 殺風景な蘆原がパット明るくなりました。