なかなかなかね野鳥と自然の写真館

疾風怒涛の時代が過ぎ去っていきます。私たちがその中で、ふと佇む時、一時の静寂と映像が欲しくなります。微妙な四季の移ろいが、春や秋の渡りの鳥たちや、路傍の名もない草花にも感じられます。このブログは、野鳥や蝶、花や野草、四季の風景などの写真を掲載しています。

2羽のメスを呼ぶ幌打ちする雉のオス

手賀沼周辺の畦道でキジのオスが幌打ちをしていました。

幌打ちが終わると猛然と走り出しました。

走る方向に2羽のメスがエサを食べながら近づいてきました。

今はキジの恋の季節真っ盛りです。

3羽は叢に姿を消しました。

「密かごと」のためなのでしょうか?


「ひばりなく 中の拍子や 雉子の声」    (松尾芭蕉



以下の写真は、キヤノン望遠ズームレンズEF100-400mmF4.5-5.6L IS USM+エクステンダー1.4IIをCanon EOS 7D Mark II に装着し手持ち撮影しました。