なかなかなかね野鳥と自然の写真館

疾風怒涛の時代が過ぎ去っていきます。私たちがその中で、ふと佇む時、一時の静寂と映像が欲しくなります。微妙な四季の移ろいが、春や秋の渡りの鳥たちや、路傍の名もない草花にも感じられます。このブログは、野鳥や蝶、花や野草、四季の風景などの写真を掲載しています。

夏空にオナガ飛ぶ

真夏の太陽が照りつける厳しい熱風の中をものともせずにオナガが飛んでいます。3〜4羽の小さな群れが遊びながら楽しそうにに飛んでいました。

閑話休題

以前に購入した「ちくま学芸文庫」の「空海コレクション2」に収録されている「般若心経秘鍵」(はんにゃしんぎょう ひけん)を読んでいます。
「般若心経」(はんにゃしんぎょう)は、中国や日本などに数多くの注釈書がありますが、弘法大師(こうぼうだいし)空海(くうかい)が自ら解説したといわれている「般若心経秘鍵」は、曼荼羅(まんだら)的な独自の解釈でとても興味深いものです。(最近の研究では、空海の真筆ではないとの説もあるようですが)この説明の中には、空海の「秘密 曼荼羅十住心論」(ひみつまんだらじゅうじゅうしんろん)や「秘蔵宝鑰』(ひぞうほうやく)の教判のような部分があって「華厳、三論、法相などの諸宗派の思想を般若心経に内臓している」などと、他の注釈書にみられない解説があります。「般若心経秘鍵」は、弘法大師空海のすばらしい世界観を表現していて、暑さを忘れる爽快な元気を与えてくれます。