なかなかなかね野鳥と自然の写真館

疾風怒涛の時代が過ぎ去っていきます。私たちがその中で、ふと佇む時、一時の静寂と映像が欲しくなります。微妙な四季の移ろいが、春や秋の渡りの鳥たちや、路傍の名もない草花にも感じられます。このブログは、野鳥や蝶、花や野草、四季の風景などの写真を掲載しています。

渚のシロチドリ

シロチドリが波の狭間を舐めるように飛んでいます。スィーと水際に降り立ちました。とことことランダムに歩いて採食しては、また立ち止ります。チドリの歩き方は、気ままに予測のつかない歩き方で、千鳥足と呼ばれます。ランダム・ウォークとか酔歩(すいほ)ともいいます。この酔歩の研究が、予測の難しい金融工学の「オプション取引」などの基礎になっていることは、面白いことです。そんなことを考えていたら、千鳥はいつの間にか渚から姿を消していました。