なかなかなかね野鳥と自然の写真館

疾風怒涛の時代が過ぎ去っていきます。私たちがその中で、ふと佇む時、一時の静寂と映像が欲しくなります。微妙な四季の移ろいが、春や秋の渡りの鳥たちや、路傍の名もない草花にも感じられます。このブログは、野鳥や蝶、花や野草、四季の風景などの写真を掲載しています。

センニチコウ

f:id:digibirds:20210915120827j:image

上の写真は、Ymobileスマホのエクスペディア8で撮影しました。

センニチコウの仲間は、花そのものではなく紫やピンク、白、黄、赤に色づく苞を観賞します。暑さと乾燥に強く、日本の夏に適した性質で、長期間咲き続けます。

 

喫茶去

総裁選 高市早苗氏が出陣式 派閥越えた出席者に「私がこけてしもうたら、その後冷や飯が…」

 

菅義偉首相の後継を決める自民党総裁選(29日、投開票)が17日、告示日を迎え、立候補している高市早苗総務相は国会内で出陣式を開いた。
 高市氏は選対本部長の古屋圭司国家公安委員長と肘タッチをし、「いよいよ戦いが始まりました!」と意気込んだ。
 出陣式には新型コロナウイルス医療の最前線で戦う医療従事者のひとりとして、看護師も出席し、「ワクチン、治療薬の確保や、適切な情報発信。さらには関係者の処遇改善や体制の拡充など、過酷な医療の現場で働いているひとりひとりに寄り添った政策を示していただいていることに感謝申し上げます」と高市氏の打ち出す新型コロナ対策を評価した。

出陣式には国会議員62人(内リモート参加3人)と代理秘書31人、計93人が出席した。「ほんとに多くの同志たちが駆けつけてくださいました。派閥に関係なく、無派閥の方も各派閥に所属してらっしゃる方もいらっしゃいます。私がこけてしもうたら、その後冷や飯が待ってるかもしれない。そういうなかなか大変な状況の中で、政策に賛同して集まっていただいた最も強い同志でございます」

高市氏は、『第100代初の女性総理誕生へ』と書かれたのぼりの前で、「ニッポンを守る高市早苗、未来を開く高市早苗、皆様とともに美しく強く成長する国ニッポンを作って参ります!必ず勝ちに行きます!」と力強く決意を表した。

 

 

ニワシロユリ

f:id:digibirds:20210915155332j:image

上の写真は、ドコモ スマホ Xperia 10 III SO-52Bの望遠レンズで撮影しました。

我が家の玄関な飾ってある切り花のユリです。

 

ヨーロッパには、十数種の原種が分布し、代表的なニワシロユリは、別名マドンナリリーと呼ばれ、キリスト教の宗教絵画によく登場しました(のちに、日本のテッポウユリがマドンナリリーの名を冠されることになります)。白ユリは聖母マリアの純潔の象徴として描かれてきました。

日本では、ユリは本来、初夏~夏にかけて咲く球根の花。そのため、オトメユリ、ササユリなどの原種は、自然開花する夏のいっときだけ切り花用の花材として出回ります。いっぽう、夏以外にも出回るのは、品種改良された園芸品種。花色も種類も豊富です。

ニワシロユリ(Lilium candidum、英名 Madonna lily)はバルカン半島および西アジアを原産とし、花はテッポウユリに似て白いが短めで、葉は細い。 茎は 1.2-2m にまで生長します。 またバチカンの国花とのことです。

喫茶去


FNNオンライン

「国家観を力強く示した」安倍前首相が高市氏支持を正式表明

安倍氏「女性首相誕生すれば世界が注目」
9/16(木) 17:41

自民党総裁選について安倍前首相は9月16日夜、高市総務相を支持することを表明した。

 

安倍氏は自身のツイッターで「コロナ禍の中、国民の命と生活を守り、経済を活性化する為の具体的な政策を示し、日本の主権は守り抜くとの確固たる決意と、国家観を力強く示した高市早苗候補を支持いたします。世界が注目しています」と綴り、高市氏の支持を正式表明した。

総裁選を巡っては、岸田前政調会長、河野規制改革相、野田幹事長代行が出馬を表明している。

 

安倍晋三前首相は16日、自民党総裁選(17日告示、29日投開票)に立候補を表明している高市早苗総務相の集会にビデオメッセージを寄せ、「100代目で女性首相が誕生すれば世界が注目する。皆さんの力を高市さんに与えてほしい」と支援を呼び掛けた。関係者が明らかにした。

集会は「高市早苗先生を総理にする緊急集会」と題し、地方議員有志らが国会内で非公開で開いた。高市氏の選対本部長を務める古屋圭司拉致問題担当相ら国会議員も出席した。

安倍氏はメッセージで、高市氏が安定的な皇位継承をめぐり男系維持を主張していることや、選択的夫婦別姓に反対していることに触れ、「高市氏の国家観、歴史観に基づく発言で、総裁選のための発言ではない。だからこそ私は高市さんを支持したい」と述べた。

高市氏は集会で「日本を立て直し、次世代に引き継いでいく。そんな皆さんの熱い思いをしっかり受け止めながら、勝ちにいく」と支持を訴えた。

 

 

 

 

我が家のマリアンデールいっぱい咲いています。

f:id:digibirds:20210914091916j:image

上の写真は、Xperia 10 III SO-52Bの広角レンズで撮影しました。

我が家の赤いバラマリアンデールも元気で、たくさんの花を毎日咲かせています。

喫茶去

 

美しく、強く、成長する国へ。 私の「日本経済強靭化計画」 (WAC BUNKO)新刊
高市 早苗 (著)

¥990.-


f:id:digibirds:20210915051808j:image

とても説得力のある本です。

かけがえのない日本を慈しむことが伝わってくる本です。

今、世界は、コロナ禍の混乱期を乗り越えようとしています。

 

昨日、北朝鮮がミサイルを日本海に打ち込みました。

 

今までのような「平和ボケ」では、他国の侵略に対抗できません。

 

この人を右翼というなら愛国心を持つ人は、全て右翼となります。

 

こんな良い国は、ないのに自虐的なメディアが多いのは、困りものです。

 

財務省プライマリーバランス偏重政策は、国民を騙した政策です。

デフレの中の増税は、最低の経済政策です。

麻生財務大臣の指摘している高市氏に対するMMT批判は、的外れです。この人の言う経済政策は、MMTでは、ありません。リフレ派の経済政策で麻生氏は、混同して非難しています。

財務省利権を守るため、知らないふりをしているのかも知れません。

注)リフレ派

リフレ派とは積極的な金融緩和を通じて景気の回復と緩やかな物価上昇を促す経済政策「リフレーション」を支持する学者やエコノミストを指す。 金融緩和で世の中に出回る通貨の量を増やせば、人々が予想する将来の物価水準が上がり、物価が下がり続けるデフレの状況から脱却できると主張する。クルーグマンベン・バーナンキFRB議長と並んで、日本のリフレ派論者たちに盛んに援用されてきた「リフレ派の理論的支柱」とも言うべき経済学者です。

高橋洋一は「リフレ派と言っても、インフレ目標による金融政策を主張するだけである。世界では標準的な経済政策であり、特別『○○派』と呼ばれることはない」と指摘しています。

 

注)現代貨幣理論(MMT)は米ニューヨーク州立大のステファニー・ケルトン教授らが提唱した考え方で、「自国通貨建てで借金できる国は、過度のインフレ(物価上昇)にならない限り、どれだけ借金が膨れ上がっても問題ない」という考え。

 

アベノミクスで経済が回復しそうになると、財務省増税して、デフレ不況を継続させた事実から脱却することが急務です。

 

自民党内で彼女の政策は、とても言い辛いこととですが、きつぱりと言い切っています。

又、日本の薬を作る技術は素晴らしいので、政府の財政支援があれば、外国のワクチンより速くできた筈です。

 

この創薬に対する財政支援は、バラマキではありません。支出ではなく投資なのです。支出は、出っぱなしですが投資は、収益が入って来ます。ワクチンは、全世界に貢献できます。

 

また、尖閣竹島などの我が国の領土を守ることは、当然です。

ネットの情報セキュリティ強化は、必近の課題です。

私達のプライバシーは、既に盗まれている状態です。

現在は、ネットの時代でアマゾンで、買い物ができるなど、とても便利なのですが、利便性と引き換えに、スマホにい今いる場所や脈拍、血圧、睡眠状態まで把握されています。

個人のプライバシーが、いつの間にか、ビッグデータとして蓄えられ、広告宣伝に使われたりしています。

これらのデータが悪意のある者に使われると恐ろしいことになります。

日本に対するサイバー攻撃回数は、2017年の統計によれば、一日平均で4億1000万回を超えているそうです。

氏は、我が国には、サイバー攻撃に対する法律が未整備とのことで早急な対応が必要と提言しています。

 

私は、この本をKindleでも紙の本でも買いました。

この本を読むことをお勧めします。

この方が、日本初の女性総理になることを期待しています。

 

我が家の朝顔

f:id:digibirds:20210914091049j:image

上の写真は、ドコモ スマホ Xperia 10 III SO-52Bの望遠レンズで撮影しました。

我が家の朝顔も元気で、たくさんの花を毎日咲かせています。

喫茶去

高市氏、ワクチン副反応おして激白 総裁選「出るからには勝ちにいく!」 「女性総合診療科」新設を提唱 家政士・ベビーシッターの国費補助を

自民党総裁選に立候補表明している高市早苗総務相は14日、日本テレビ「news every.」に出演。前日昼すぎに受けた新型コロナワクチン接種の副反応が出て「かなりキツイ」と言いつつも、「出るからには勝ちに行く!そういう覚悟で臨む」と総裁選への意気込みを語った。

(※発言内容は抜粋。文意を変えない範囲で順序を入れ替える等した)

――2回目のコロナワクチン接種を打ったばかりで、今、副反応が出ていると伺った。

きのうの昼間打って、ちょうど24時間ぐらい経ったあたりから、かなりキツくなってきた。何とか(この生出演を)乗りきります。

――「女性ならでは」の政策で取り組みたいものはあるか?

私どうしてもやりたいのが、私たち女性は、子供の頃から年をかなり重ねていくまで、生涯にわたり女性ホルモンの影響を強く受ける。40~50代女性がかかりやすい病気も実はあるが、そうした教育を受けていない。だから私も40代で、女性がかかりやすい病気にかかったが、近所の病院で「単なる筋肉痛ですよ」って湿布もらっただけで。でも実際は重大な病気だった。だから「女性総合診療科」と(でも)いうのか、ホルモンバランスや、女性がかかりやすい病気など、一生涯みていただける診療科を増やしたい。教育や人材育成も必要だ。

介護でも色々苦労したが、家政士やベビーシッターを(介護で)活用した場合、代金のうち税額を軽減する措置(が必要だ)。家政士は国家資格じゃないので、(国の予算で)支援する体制にならなかった。でも、よく調べたら(家政士やベビーシッターを認定する)団体は各1つしかない。(国家資格にして)応援したい。

自分の(ひとり暮らしだった親の)介護で一番苦労したのがゴミ出し。高齢者や障害者のお宅に戸別回収してくださる市町村が4分の1ぐらいあるが、残り(の市町村)はそういうサービスがなくて、歩けない状態の高齢者や障害者、またその家族にとっても大変。総務相時代に「ゴミ出し特別交付税」を作ったので、是非ご活用をお願いします。

――日本テレビが先週末、自民党員を対象に行った独自調査では、河野さんが25%でトップだったが、高市さんは4番手ながら16%。そこまで差がついていない。2位21%の石破さんが立候補しない場合、“石破票”は誰に向かうか。高市さんがこれを引っ張ってくる見込みは?

石破先生とは、例えば憲法改正とか安全保障に対する考え方は非常に近いと思っている。ただまだ出馬されるかどうかわからないので、軽々なことを申し上げられない。私は私の政策を堂々と訴えてしっかりと頑張っていく。

――党員票が割れ決選投票になった場合、協力するとすれば河野さん?岸田さん?

なんで。まだ4番目ですやん(笑)。決選投票もなにも、これから頑張って、たくさんの党員の皆様に政策をまずお伝えすると。…決選投票?そこまで残れれば結構なことでございますけれども。…でも(※急に表情が引き締まる)、出るからには勝ちに行く、って、それくらいの覚悟で臨んでおります。

――コロナ対策では「ロックダウンを可能にする法整備も検討する」と?

多少誤解があるように思う。エボラ出血熱とか、死に至るまでの期間が非常に短いもの(感染症)が出てきたときの備えとして、国会での法整備はすごい時間かかるので、今から着手しといた方がいい。移動制限とか、罰金を科すのは、今の法律じゃできない。与野党で合同チームを作って、合意したらもう「皆様の命を守るために出せる」ということ(状況)にしておかないと。1年も2年もかけて法整備やってたら、もしエボラが入ってきたらどうすると。

――ではロックダウンはコロナ対策ではないと?

そうです。新型コロナの場合は、現状では(ロックダウンまでは)必要ないと思ってて。ただ、まだわからない。もっと強力な株が出てきて、治療薬もワクチンも効かないとなったら(ロックダウンが必要になるかもしれない)。ニュージーランドの首相なんか、感染者が1人出てもロックダウンをして、非常に高い評価を受けているが、日本とは(経済などの)規模が違うから相当大きな影響が出てくる話なので、ただリスクの最小化を考えておくと。やっぱりエボラとか怖い。亡くなるまでの時間が速い場合は、そういう措置も将来必要かもしれない。

――北朝鮮が新型ミサイルの発射実験。高市さんはきのう「日本も精密誘導ミサイルを持つべき時期だ」という考えを示している。

そう思う。1500キロ、つまりは東京にもばっちりと届く。しかもターゲットを狙って攻撃するものが北朝鮮にある。中国も約2000発、中距離ミサイルを保有。さらに怖いのは「極超音速ミサイル」、これ日本は撃ち落とせない。レーダーに探知されない低空を、不規則軌道で飛んでくる。どこの国から何をやられても「日本はけして反撃もしない」となると、抑止力そのものがなくなる。

――安倍前首相の政治路線を継承する候補だと認識されている。「負の遺産」、例えば、自殺者まで出した森友問題とか、大臣が何人も辞任に至った「政治とカネ」の問題について、どう改善していくのか?

一つ言いたいのは、サナエノミクスはアベノミクスの継承じゃない。第2、第3の矢が全く違う。また森友学園では、お亡くなりになった方が出ている。御遺族にとっては本当に無念なことです。御本人もどんだけ苦しんだことかと思う。総裁選の候補予定者として言えば、この(公文書)改ざんを二度と起こさせない。それからのパワハラを徹底的に根絶するのは、絶対必要だと思う。

――今、副反応もあり大変なところだと思うが、ワクチン接種についてどう考えるか?

やっぱりワクチン接種はこのまま進めながら、治療薬の早期投与に軸足を移していく。それから治療薬をいかに国産化するか。国で十分な量を確保できなきゃいけない。途中で予定量が入って来ず、目詰まりを起こした。抗体カクテルもレムデシビルも海外生産だから、何とか国産にするべく、かなり大きな投資をしたいと思っている。

 

ヤブラン

f:id:digibirds:20210913085001j:image

上の写真は、Ymobileスマホのエクスペディア8で撮影しました。

ヤブランは、日本各地の林床などで普通に見られる常緑性の多年草です。ほぼ一年中同じ草姿を保ち、性質が強く、丈夫で手のかからない植物なので、古くから緑化や造園の植栽材料として広く利用されています。耐寒性と耐暑性が強く、日なたから日陰まで幅広い環境に適応し、病害虫の被害もほとんど見られず、土質もあまり選びません。
革質の細長い葉は、しなやかで堅く、8月から10月には長い穂を伸ばして、青紫から白色の花を咲かせます。ジャノヒゲ(Ophiopogon japonicus)に似ていますが、ジャノヒゲは青紫の実がなり、ヤブランは黒い実がなるので区別できます。
ヤブラン属(Liriope属)には5種があり、日本には、ヤブラン、ヒメヤブラン(L. minor)、コヤブラン(L. spicata)の3種が自生しています。

喫茶去

高市早苗氏  強烈批判して きた 中国 メディアに「ありがとうございます」不敵笑みで 応戦

自民党総裁選への立候補を表明している高市早苗総務相(60)が12日、フジテレビ「日曜報道 THE PRIME」に出演した。

 番組では、高市氏の提唱する政策を中国が警戒しているとして、中国共産党系メディアは「日本新首相“本命”のひとり 高市早苗 靖国神社『参拝』継続を示唆」と報じていると紹介。「読むのもはばかられるような言葉」も使って、厳しい論調であることを伝えた。

高市氏は、「私はこれを外交問題でなくすための活動を続けたいですね」と述べた。

 記事に対して「まだ私は総裁選の1候補。中国の新聞には『本命』と。日本のマスコミでは泡沫扱いかもしれませんが、中国では本命と書いていただいて」と不敵な笑みをうかべ、「ありがとうございました、中国の新聞社の方」と語った。

 靖国参拝を巡る議論について「これを外交問題にしている、しかも日本の国の中から、経済界の中から、一部マスコミの中から、これをことさらに外交問題にしようという声が上がっていることのほうが問題」と指摘した。

 「私もどこの国に行っても、まずその国で国のために命を捧げられた兵士の墓におまいりしてます。アーリントン墓地も行ってます。お互いの国のために命を捧げた方に敬意を表し合うことを当たり前にしたい」と語った。

ジンジャー

f:id:digibirds:20210908174121j:image

上の写真は、Ymobileスマホのエクスペディア8で撮影しました。

 

インド原産 ・晩夏から秋にかけて、  背の高い大きな花が咲く。  色は白、オレンジ色など。  白花は   「花縮砂(はなしゅくしゃ)」  オレンジ色の花は   「肉色縮砂     (にくいろしゅくしゃ)」  と呼ぶ。  総称して「ジンジャー」。  白花のものが  ベーシックなジンジャーで、  そこから、背の高い、  オレンジや黄色などの  花のものが  改良して作られたとのこと。 ・「ジンジャー」は  「生姜(しょうが)」の英名。  白い百合(ゆり)のような色の  花の様子から  「ジンジャーリリー」と呼ばれ、  しだいに「ジンジャー」に  短縮された。  生姜風味の炭酸飲料に  「ジンジャーエール」  というのがある。

喫茶去

高市氏「治療薬やワクチンを日本で作るための投資に国費を」…TV番組で訴え
9/12(日) 10:17 Yahoo!ニュース
 

自民党総裁選(17日告示、29日投開票)に出馬表明している高市早苗・前総務相は12日、フジテレビの番組で「日本経済を立て直すため、危機管理投資、成長投資に予算の比重を置く」と述べた。具体例として、新型コロナウイルス対応をあげ、「治療薬やワクチンを日本で作るための投資に国費を使うべきだ」と訴えた。

 高市氏は、物価上昇率2%を達成するまで基礎的財政収支プライマリーバランス)の黒字化目標を凍結する方針を掲げる。こうした経済政策に、麻生財務相が否定的な考えを示したことに対し、高市氏は「財務当局がプライマリーバランスの黒字化目標にこだわったことで、機動的な財政出動が中途半端に終わった」と反論。「強い経済を作らないと、社会保障はできず、雇用の場も創出できない」と強調した。

 高市氏は、靖国神社への参拝を続ける考えを示し、「外交問題でなくすための活動を続けたい」と語った。出馬表明した河野太郎行政・規制改革相が、原子力政策などの持論をトーンダウンさせたことを念頭に、「信念と違うことを説明しようとすると相当大変だ。信念を持たないと、国会論戦には耐えられない」とも指摘した。

サフィニア

f:id:digibirds:20210907164857j:image

上の写真は、Ymobileスマホのエクスペディア8で撮影しました。

サフィニアの名は、英語のSurfing(サーフィン)とPetunia(ペチュニア)を合わせて名付けられました。 ... サフィニア花言葉「咲きたての笑顔」は、サフィニアが次々と咲き続ける姿がキラキラと笑顔を振りまいているようで、見ていると幸せな気持ちになることから付けられたそうです。

 

喫茶去

自民党総裁選立候補を表明している高市早苗総務相(60)が11日、読売テレビ日本テレビ系「ウェークアップ」にリモート出演。MCの弁護士・野村修也氏の「海上保安庁の武器使用もある程度認めていく方向ですか」との問いに、「これは必要です!」と言い切った。

 高市氏のさまざまな政策の中で、野村氏は尖閣諸島周辺での不穏な動きを示し「こういう中で、例えば漁民を装って武器を携行した者が仮に尖閣に上陸して来たような場合、現在の自衛隊法とかあるいは海上保安庁法では不十分なんではないかという声がある」と考えを質問

高市氏は2月に施行された中国の「海警法」には非常に強い危機感を持ち、自民党内でも活発な議論が行われたといい「海上保安庁法は絶対変えておかなければ民間の方々も守れない、それからまた海上保安庁の職員たち、船そのものも守れない。こういった意見が多いと思いますので、海上保安庁法の改正には取り組みます」と明言。

自衛隊法についても「先般アフガンの問題もございましたけれども、まだ強化していかなければ国民の皆さまの命を完璧に守ることはできません。尖閣はご承知の通り、国営化されています。この領土を守るために自衛隊の方々もしっかりと訓練を重ねておられますので、しっかりと自衛隊が動ける環境、そして海上保安庁が動ける環境というものを確立してまいりたいと思っております」と話した。

さらに野村氏が「海上保安庁の武器使用っていうのも、ある程度認めていくっていう方向ですか」と突っ込んで聞くと、高市氏は笑みを消し「これは必要です!」と即座に断言した。