なかなかなかね野鳥と自然の写真館

疾風怒涛の時代が過ぎ去っていきます。私たちがその中で、ふと佇む時、一時の静寂と映像が欲しくなります。微妙な四季の移ろいが、春や秋の渡りの鳥たちや、路傍の名もない草花にも感じられます。このブログは、野鳥や蝶、花や野草、四季の風景などの写真を掲載しています。

アジサイの芽

 

f:id:digibirds:20220122145118j:image

我が家のアジサイが芽吹いています。

大寒の中、梅雨の頃の準備をしているようです。

冬も徐々に終わりに近づき、周囲に目を向けると、花や木に彩りが出てきました。
寒さと暖かさを繰り返しながら、着実に季節は春へと進んでいます。

フサザキスイセン

f:id:digibirds:20220118123312j:image

神田神保町小寒スイセンです。

房咲き水仙(フサザキスイセン)はヒガンバナ科スイセン属の多年草とのことです。
原産地は地中海沿岸地方のようです。
日本水仙(ニホンズイセン)の基本種です。
唐の時代より前にシルクロードを経由して中国に伝わり、日本へは中国を経由して渡来し、暖地の海岸近くに野生化しているようです。