なかなかなかね野鳥と自然の写真館

疾風怒涛の時代が過ぎ去っていきます。私たちがその中で、ふと佇む時、一時の静寂と映像が欲しくなります。微妙な四季の移ろいが、春や秋の渡りの鳥たちや、路傍の名もない草花にも感じられます。このブログは、野鳥や蝶、花や野草、四季の風景などの写真を掲載しています。

芽吹く小枝

f:id:digibirds:20200331053227j:plain

上の写真は、ライカコンデジLEICA V-LUX2のレンズ(ライカDCバリオ・エルマリートf2.8-5.2/4.5-108mm ASPH 35mm判換算で25〜600mm)で手持ち撮影しました。

 

青空を白雲走る木の芽かな/原石鼎

 

枯れ枝もいつの間にか芽吹いています。

植物は、時の変化に対応して自分の姿を変えて行きます。


私達もコロナ禍後のことも考えて行動すべき時ですが、まずは、今が大切です。


現在できることを最大限に行うことです。

コロナ禍もいつかは収束します。


希望的観測によれば、日本の大企業は、財務の健全性がかなり高く、不況に強いので、コロナ禍後の経済回復力は、他国と比較して相当強いのではないかと言うものです。


でも将来のことは、所詮、わからないので、現在を明るく強く生きることが、とても大切だと思います。


喫茶去 [今週の明星]を聴く


今日は、明日の希望が確かだった頃の歌を聴いてみました。


この曲は、NHKラジオ、テレビで日曜日に放送された歌番組のテーマ曲です。


作曲は、今、放映中の朝ドラの主人公のモデル古関裕而です。


この番組は、58年前の今日、1962年4月2日に終了しました。


ワクワクするテーマ曲です。



「今週の明星」
 作詞 藤浦 洸
 作曲 古関裕而

輝きよ輝きよ
今宵またうるわしく
若き夢と あこがれの
光のみほしよ

(間奏)

夜空高く 愛の星は
若き胸にささやき
思ひこめて しのびよるは
楽し 歌のみほしよ

 

ピンクのバラ

f:id:digibirds:20200401173640j:plain

f:id:digibirds:20200401180558j:plain

 上の写真は、ライカのコンパクトデジカメD-LUX3 (35mm判換算28~112mm、F2.8~4.9のLeica DC Vario-Elmaritレンズ)で手持ち撮影しました。

上で写真は、朝撮影、下の写真は、夜フラッシュ手持ち撮影しました。

 

4月1日、我が家の花瓶のバラです。

淡いピンクのバラが美しいので撮影しました。

今日から、新年度が始まります。

このバラのような明るい年度になることを祈るばかりです。

 

 

 

手賀沼遊歩道の柳

f:id:digibirds:20200331153535j:plain

上の写真は、ライカコンデジLEICA V-LUX2のレンズ(ライカDCバリオ・エルマリートf2.8-5.2/4.5-108mm ASPH 35mm判換算で25〜600mm)で手持ち撮影しました。


3月31日の手賀沼遊歩道の柳です。


まさに藤山一郎の歌う「夢淡き東京」の「柳青める日」です。


その歌詞の中に次の部分があります。


夢淡き東京

作詞:サトウ ハチロー、作曲:古関 裕而。

🎶🎶

悩み忘れんと 貧しき人は唄い
せまい露路裏(ろじうら)に 夜風はすすり泣く
小雨が道にそぼ降れば あの灯(あか)
うるみて なやましく
あわれはいつか 雨にとけ
せまい露路裏も 淡き夢の町 東京


コロナ不況の今日、貧しい我々は、唄だけで気持ちを奮い起たせることができるのでしょうか?

このまま推移すれば、リーマン・ショック以上の経済停滞が懸念されています。

個人の努力だけでなく政府のかなり大規模な救済政策が必要なのかもしれません。



若葉のアジサイ

f:id:digibirds:20200328134929j:plain

上の写真は、ライカのコンパクトデジカメD-LUX3 (35mm判換算28~112mm、F2.8~4.9のLeica DC Vario-Elmaritレンズ)で手持ち撮影しました。

 3月28日、我が家のアジサイの葉の写真です。

梅雨の頃咲くアジサイも、冬の眠りから覚めて、青々と葉を茂らせています。

春になったばかりですが、植物は、もう夏に備えて頑張っています。

 

喫茶去  映画「東京ラプソディー」(DVD)を観る

この映画は、昭和11年制作の藤山一郎主演の映画です。

藤山一郎(20代)の歌と彼の昭和初期の自動車の運転姿や当時の世相が伝わって来ます。

なんとこの映画の助監督は、[七人の侍]の黒澤明監督、録音技師にソニー創業者の井深大がクレジットされています。

この映画の主題歌の「東京ラプソディー」は、前年発売の藤山一郎SPレコードのヒット曲です。

このヒットにより、彼は、昭和恐慌で傾いた、彼の家の借財を返せ、大歌手へのスタートをきれたとのことです。

黒澤明井深大も、まだ、当時は、無名時代でしたが、後に大人物となりました。

また、この曲の作曲者の古賀政男は、若くしてテイチクレコードの重役となり、T型フォードの自動車で東京の外苑付近を颯爽と走っていた時にフォックストロット調のこの曲の曲想がわいてきたという、とても軽やかな歌です。

コロナ不況の今、この映画を観ると、戦前の暗い時代の庶民が奮い立とうとする力を感じました。

♫♫ 東京ラプソディ

作詞・作曲: 門田ゆたか(作詞)

       /古賀政男(作曲)

 

花咲き花散る宵も
銀座の柳の下で
待つは君ひとり 君ひとり
逢えば行く ティールーム
楽し都 恋の都
夢のパラダイスよ 花の東京

 

追悼 志村けんさん 椿とハクモクレン

f:id:digibirds:20200327141954j:plain

f:id:digibirds:20200327142015j:plain

上の写真は、ライカコンデジLEICA V-LUX2のレンズ(ライカDCバリオ・エルマリートf2.8-5.2/4.5-108mm ASPH 35mm判換算で25〜600mm)で手持ち撮影しました。


このブログは、明日掲載予定でしたが、新型コロナウイルスに感染し、3月29日に肺炎で亡くなったコメディアンの志村けんさん(70)の

緊急追悼のブログとします。

 

3月27日、家の近くに椿とハクモクレンが咲いていました。

赤と白、とてもとても綺麗に咲いていました。

鶯の笠おとしたる椿かな 芭蕉

句意

ウグイスが鳴いている。椿の花もいっぱい落ちています。

注)昔から、ウグイスの笠は、梅なのですが、椿の花がいっぱい落ちていたので芭蕉は、笠を落としたのは椿かと!


志村けん さんに美しい花のブログを捧げます。ご冥福をお祈りいたします。


 

 

春の雪

f:id:digibirds:20200329125414j:plain

f:id:digibirds:20200329125443j:plain

  ライカのコンパクトデジカメD-LUX3 (35mm判換算28~112mm、F2.8~4.9のLeicaDC Vario-Elmaritレンズ)で手持ち撮影しました。

 

青柳に ふりけされけり 春の雪
     「寒山落木 第一」 正岡子規より

 

3月29日は、我孫子市も雪の日になりました。

 

「こいつは春から縁起がいいわえ」

 

 

注 三人吉三巴白波(さんにんきちさともえのしらなみ)より

 

月も朧(おぼろ)に 白魚の篝(かがり)も霞(かす)む 春の空冷てえ風も ほろ酔いに心持ちよく うかうかと浮かれ烏(からす)の ただ一羽ねぐらへ帰る 川端で竿(さお)の雫(しずく)か 濡れ手で粟(あわ)思いがけなく 手に入る(いる)百両

 

中略

 

こいつぁ春から 縁起がいいわえ

 

桜と菜の花

f:id:digibirds:20200327134328j:plain

f:id:digibirds:20200327134835j:plain

f:id:digibirds:20200327134613j:plain

上の写真は、ライカコンデジLEICA V-LUX2のレンズ(ライカDCバリオ・エルマリートf2.8-5.2/4.5-108mm ASPH 35mm判換算で25〜600mm)で手持ち撮影しました。

 

3月27日曇り、手賀沼通りは、強い南風が吹いていました。

ソメイヨシノと菜の花が同時に見ることができ、ラッキーでした。

 

喫茶去 コロナ禍、以後の世界経済

 

本日の読売新聞(3月28日)に、過度の中国依存の生産体制から脱却する為に我が国や他のアジア諸国に生産拠点を移動する企業に対し大企業は、2分の1、中小企業は、3分の2の補助金を出すことが決まったとの報道がありました。

 

世界の工場だった中国から多くの国がコロナウイルス禍によるサプライチェーン崩壊による生産体制の変更を余儀なくされています。


生産拠点として、世界経済の中国依存度はとても高いのです。

中国の輸入品を見ると、7割程度が工業製品であり、製造のための機械類や半製品、部品などが多いとのことです。その他の中で大きな比率を占めるのは石油などで、一部は生産に必要なエネルギーとして利用されていると考えられます。

 中国の輸入相手国を見ると、韓国、日本、台湾、米国、ドイツの順に多いのです(2018年、JETRO)。つまり、電気機器や自動車の部品、製造用の一般機械などが先進国から持ち込まれ、中国の工場で生産するときに利用されています。一方、中国の輸出相手国を見ると、香港を除けば、米国、日本、韓国の順となっています(同)。

 

コロナ禍、以後の世界経済は、大きな変換点に立っています。

 

世界経済は、どのように変化するのか予断を許しません。

 

私は、日本も世界もこの試練に耐ヘ、明るい未来を創造することを信じています。

 

「凛として旅立つ 一朶の雲を目指し」

    スタント・アローンの歌詞より

Stand Alone」 

作詞:小山薫堂 作曲:久石譲

歌:サラ・ブライトマン(第1部) 森麻季(第2部) 麻衣(第3部)

 ♪♪ちいさな光が 歩んだ道を照らす

希望のつぼみが 遠くを見つめていた
迷い悩むほど 人は強さを掴むから 夢を見る
凛として旅立つ 一朶の雲を目指し