なかなかなかね野鳥と自然の写真館

疾風怒涛の時代が過ぎ去っていきます。私たちがその中で、ふと佇む時、一時の静寂と映像が欲しくなります。微妙な四季の移ろいが、春や秋の渡りの鳥たちや、路傍の名もない草花にも感じられます。このブログは、野鳥や蝶、花や野草、四季の風景などの写真を掲載しています。

ハナシュクシャ 歳末玉手箱 断崖のハヤブサ

f:id:digibirds:20201130183526j:image

上の写真は、一眼レフキヤノンEOS7DマークⅡにCANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMを装着し手持ち撮影しました。

 

11月29日我孫子市民農園に咲いていたハナシュクシャです。

夏を過ぎ秋も過ぎ冬に向かっても咲き続けています。

ハナシュクシャは、晩夏から秋にかけて、大きな長楕円形の葉を互い違いにつけた茎(偽茎)先の苞の間から、夕方になると香りのよい白い花が穂状に咲きます。


7月23日の誕生花は、英名のginger(ショウガ)とは別種の香り豊かなハナシュクシャ(花縮砂)、ジンジャー。


花の名は、英名のginger lily、white gingerの略で、白百合や白い花色から名づけられ、gingerはラテン語のgingiberに由来します。


学名のHedychium coronariumは、属名がギリシャ語のhedys(甘い香り)とchion(雪)で、雪のように白く甘い香りの花から、種小名はラテン語の coronarium(花の冠、花輪で飾る)です。

 

 

歳末玉手箱 懐かしの野鳥

断崖のハヤブサ

 


以前、このブログに掲載した外房海岸の断崖で撮影したハヤブサです。

精悍なハヤブサに見惚れていました。懐かし思い出です。

 

たわわに実るミカン 歳末玉手箱シマアジ

f:id:digibirds:20201130183239j:image


f:id:digibirds:20201130183224j:image

 

上の写真は、一眼レフキヤノンEOS7DマークⅡにCANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMを装着し手持ち撮影しました。

11月29日、我孫子市民農園のミカンの木です。

実が、いっぱいついていました。

 

冬待ちつ やゝ黄ばむ庭の蜜柑哉

    正岡子規  冬近し

 

歳末玉手箱 思い出の野鳥

シマアジ

桜の花びらの浮かぶ水面を泳ぐシマアジ2012年4月16日千葉県で撮影

この後、シマアジは、何度か撮影しましたが、この写真が最初に撮影した写真です。

魚の名前のような野鳥で驚いたのを覚えています。

 

喫茶去

レイポヴィッツ指揮

ベートーヴェン交響曲全集より

第九を聴く

f:id:digibirds:20201203104100j:plain

レイボヴィッツベートーヴェン交響曲全集


シェーンベルクヴェーベルンに学び、“十二音音楽の使徒”と呼ばれて活躍した指揮者で作曲家、理論家で教育者でもあったルネ・レイボヴィッツ[1913-1972]。
レイボヴィッツといえば、自身のヴァージョンによる強烈な『禿山の一夜』がまず思い起こされますが、ベートーヴェン交響曲全集もマニアには以前から人気の高いアイテムでした。
演奏の特徴はなんといってもその俊足なテンポ設定(第9のアダージョが12分28秒!)と、克明な各パートがつくりあげる明晰なテクスチュアにあります。
レイボヴィッツの演奏で聴くと、ベートーヴェンの音楽というのはなんと爽快で心地よい刺激に満ちたものなのかと改めて気づかされるわけですが、それにしてもこの楽しさは格別です。

リーダーズ・ダイジェストについて
アメリカの会員制の通信販売会社(出版社)である、リーダーズ・ダイジェスト社は、ステレオ初期に自社企画のクラシックLPも取り扱っており、数々の名盤を世に送り出したのは有名な話。
なにやらコンサート・ホール・レーベルと似ていますが、最も異なるのはその音質。クラシックのLPを、高いステイタスを持つアイテムとして捉え、サウンド・クオリティを重視したリーダーズ・ダイジェスト社は、その制作を高音質で知られた米RCAに依頼したのです。さらに、RCAは当時、英DECCAと提携関係にあったため、この録音のように、プロデューサーがRCAのチャールズ・ゲルハルト(ガーハート)、エンジニアがDECCAのケネス・E・ウィルキンスンというような夢の組み合わせが実現できたわけですが、実際、このコンビが達成したサウンド・クオリティには素晴らしいものがありました。

ベートーヴェン
交響曲第1番ハ長調作品21
交響曲第2番ニ長調作品36
交響曲第3番変ホ長調作品55『英雄』
交響曲第4番変ロ長調作品60
交響曲第5番ハ短調作品67『運命』
交響曲第6番ヘ長調作品68『田園』
交響曲第7番イ長調作品92
交響曲第8番ヘ長調作品93
交響曲第9番ニ短調作品125『合唱』
インゲ・ボルク(S)
ルート・ジーヴェルト(A)
リチャード・ルイス(T)
ルートヴィヒ・ヴェーバー(Bs)
ビーチャム・コーラル・ソサエティ
ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
ルネ・レイボヴィッツ(指揮)

1961年4~6月
ロンドン、ウォルサムストウ・タウン・ホール(ステレオ)
プロデューサー:チャールズ・ゲルハルト(ガーハート)(RCA
エンジニア:ケネス・E・ウィルキンスン(DECCA)

高校生、大学生のころ、毎日聴いていた、リーダーズ・ダイジェストのレイポヴィッツベートーヴェン交響曲全集のLPを思い出させてくれました。

演奏は同じですが、今はCD化されています。

超高速の第九です。

見事な第九で素晴らしい。

若い頃のワクワク感が蘇ったように感じました。

名演です。毎日聴いても飽きません。

今日も2度聴いてしまいました。

 

サザンカの花 歳末玉手箱ユキホオジロ

f:id:digibirds:20201130182850j:image

 

上の写真は、一眼レフキヤノンEOS7DマークⅡにCANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMを装着し手持ち撮影しました。

11月29日.我孫子市民農園のサザンカの花です。

たくさんの花が咲いていました。

 

山茶花(さざんか)の 垣根に人を 尋ねけり」    (正岡子規

 

歳末玉手箱 思い出の野鳥

ユキホオジロ

2010年千葉の片貝漁港付近に飛来したユキホオジロです。可愛かったのが記憶に残っています。

ユキホオジロは、日本では冬季に北海道や本州日本海側でも時々見られるようですが、現地でも、いつも観れるとは限らないとのことです。


手賀沼のカンムリカイツブリ 喫茶去アリスイ

f:id:digibirds:20201130125336j:plain
上の写真は、一眼レフキヤノンEOS7DマークⅡにCANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMを装着し手持ち撮影しました。
11月28日の手賀沼で泳いでいたカンムリカイツブリです。

なんども潜っていました。

喫茶去
手賀沼遊歩道のアリスイ

冬鳥から春にかけて手賀沼遊歩道でアリスイをよく見かけました。
最近は、あまり見かけないので、以前このブログで掲載した写真を再掲します。

手賀沼遊歩道のシロハラ喫茶去チョウゲンボウ

f:id:digibirds:20201130083242j:plain

f:id:digibirds:20201130184245j:plain


上の写真は、一眼レフキヤノンEOS7DマークⅡにCANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMを装着し手持ち撮影しました。

11月29日の手賀沼遊歩道は曇り空、滝下広場の枝にシロハラが休んていました。
今シーズン初撮りです。

喫茶去
飛ぶチョウゲンボウ

日曜日のNHK「ダーウィンが来た」でコアジサシを襲うチョウゲンボウを観たので、以前このブログで掲載した上沼田を飛ぶチョウゲンボウの写真を再掲します。

喫茶去
トスカニーニ1939年
第九を聴く


f:id:digibirds:20201130085632j:plain

交響曲第9番『合唱』
録音時期:1939年12月2日

ジャルミナ・ノヴォトナ(S)
ケルステン・トルボルイ(A)
ジャン・ピアース(T)
ニコラ・モスコーナ(Bs)
ウェストミンスター合唱団
NBC交響楽団
アルトゥーロ・トスカニーニ(指揮)
録音場所:第9番のみカーネギー・ホール、ライヴ
(以上)

厳しく迫力満点の第九です。
1966年のカラヤンの第九のお手本のような凄い演奏でした。

このCDは、日本でCD化され、諸石幸生氏の解説がついています。この時代の録音としては、良好です。

第九の前に合唱幻想曲が収録されています。

コブハクチョウをからかうカラス 喫茶去 コアジサシ

f:id:digibirds:20201129175740j:plain
上の写真は、一眼レフキヤノンEOS7DマークⅡにCANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMを装着し手持ち撮影しました。

11月29日我孫子市民農園で草を食べていたコブハクチョウをカラスがからかっていました。

このコブハクチョウは、身体は大きいですが、今年生まれた子供です。

それを知っているカラスたちは、コブハクチョウにまとわりついてイタズラをするのです。

コブハクチョウは、慣れているのか、相手にしません。

カラスは、イタズラが大好きですねぇ。


喫茶去

飛ぶコアジサシ

昨日のNHKダーウィンが来た」で放映されたコアジサシ

懐かしかったので、以前、このブログに掲載した葛西臨海公園で撮影したコアジサシの写真を再掲します。
東京湾コアジサシです。



アオサギ手賀沼着水の瞬間

f:id:digibirds:20201128155220j:image

f:id:digibirds:20201128155403j:plain

上の写真は、一眼レフキヤノンEOS7DマークⅡにCANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMを装着し手持ち撮影しました。

11月28日の朝の手賀沼の湖面ににアオサギが着水しました。

ここは浅瀬なので、ここでえさを探すつもりのようです。

 

喫茶去

ベームカラヤンの第九を聴く


f:id:digibirds:20201128160007j:image

ベートーヴェン:交響曲全集 [SHM-CD]
カール・ベームKARL BOHM
フォーマット
CD
組み枚数
6
レーベル
ドイツ・グラモフォン
発売元
ユニバーサルミュージック
売国
日本
録音年
1970年4月(opp.67, 125)、1971年5月(op.68)、1972年9月(opp.21, 36, 43, 55,60, 62, 84, 92, 93)
録音場所
ウィーン
指揮者
カール・ベーム
演奏者
グィネス・ジョーンズ(ソプラノ)、タティアーナ・トロヤノス(アルト)、ジェス・トーマス(テノール)、カール・リッダーブッシュ(バス)、ウィーン国立歌劇場合唱団(合唱指揮:ノルベルト・バラッチュ)
楽団
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

f:id:digibirds:20201110094217j:plain

カラヤンベルリン・フィル1966年来日公演
ものすごい気力と充実感。
カラヤン入魂のベートーヴェン交響曲連続コンサート

カラヤンベルリン・フィルは1966年4月12日から16日にわたりベートーヴェン交響曲の全曲コンサートを行いました。毎日のプログラミングはカラヤン自身が熟考し、最大の効果があがるように工夫されています。また最初に『コリオラン』、最後の第9の前に『レオノーレ第3番』という序曲を配し、すべてがメインの第9へ向かうように設計されています。これについては連日会場で聴き詳しくレポートし、カラヤンの意図を分析した柴田南雄氏渾身の名解説をブックレットに全文掲載しているのも無上の価値ありと申せましょう。
序曲『コリオラン』以外は初出。カラヤンベルリン・フィルベートーヴェン交響曲全集といえば、1961~2年、1975~77年、1982~84年録音のDG盤が有名ですが、まだ若さあふれる1966年のステレオ・ライヴが加わったことはまさに奇跡でファン狂喜。この来日公演は「ベートーヴェンの全交響曲を連日演奏する」というカラヤンのからの条件付で実現したと言われ、それほど彼がベートーヴェンにこだわったことが伝わってきます。当時、この一連の公演のチケットは高額ながら入手困難で、徹夜で求めるファンが社会現象としてニュースになりました。それほどまでに日本のクラシック・ファンを夢中にさせた日本クラシック音楽史に残る重要な記録、ぜひお楽しみください。(販売元情報)

【収録情報】
ベートーヴェン交響曲全曲連続演奏会

Disc1
● 序曲『コリオラン』 Op.62
交響曲第6番ヘ長調 Op.68『田園』
交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』

Disc2
交響曲第4番変ロ長調 Op.60
交響曲第7番イ長調 Op.92

Disc3
交響曲第1番ハ長調 Op.21
交響曲第3番変ホ長調 Op.55『英雄』

Disc4
交響曲第2番ニ長調 Op.36
交響曲第8番ヘ長調 Op.93
● レオノーレ序曲第3番 Op.72b

Disc5
交響曲第9番ニ短調 Op.125『合唱』

交響曲第9番ソリスト、コーラス】
グンドゥラ・ヤノヴィッツ(ソプラノ)
長野羊奈子(メゾ・ソプラノ)
ヨーン・ファン・ケステレン(テノール
マルッティ・タルヴェラ(バス)
東京放送合唱団
東京混声合唱
二期会合唱団
日本合唱協会
藤原歌劇団合唱部
外山雄三(合唱指揮)

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

録音時期:1966年4月12日(Disc1)、13日(Disc2)、14日(Disc3)、15日(Disc4)、16日(Disc5)
録音場所:東京文化会館
録音方式:ステレオ(ライヴ)

国内プレス
日本語帯・解説付

(以上)

 

カラヤンベーム、この当時よく比較されました。

どちらも見事な、第九ですね!

ガッぶりヨツの名演です。

カラヤンはまだ若く凄い迫力の第九です。

ベームは、ゆったりと堂々たる第九です。

私は、優劣はつけれません。

でも、第九は、人類の宝と感じます。